ミスを防ぐための普段の取り組み

演習問題で解答と違った場合、

すぐに訂正せずに自分の答案をじっくり見ましょう。

 

何処にミスがあるのかを探すのです。

なかなか見つからないときもありますが、もう一踏ん張り。

 

その積み重ねによって

自分の間違えやすい箇所を自覚できます。

 

解き進める際の注意の意識が養われます。

 

テスト時の見直しの要領もつかめます。

 

焦らず、1つ1つ丁寧に演習を扱ってみましょう。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

最近のコメント